<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
近況
思わずWICKEDのブログパーツを貼り付けてしまいました。開演が楽しみです。
最近SPAMなTBが多いもので、幾つかのIPをはじいております。もしもTB打てない場合はコメント欄などでご一報下さいませ。
NEW ENTRIES
備忘録















※オリジナルキャスト

ARCHIVES
洋書探し
LINK
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
馬映画……
ヒダルゴことオーシャンオブファイヤーことヴィゴっちの新作ですが。
 
よく考えると私もかなりの馬好きだったことが判明(笑)
 
 
物心ついたときから、祖母のお付きで場外馬券場に出入りし。
自分が一緒に買いに行った馬券絡みのレースは残さずチェックし。
小学生の頃は毎年夏に牧場行って乗馬のレッスンにいそしみ。
中学からは馬券絡みでなくとも日曜日午後三時のフジTVにのめりこみ。
短大入った頃には田舎の祖父がいきなりポニーを飼ったと聞きつけて必死で帰省し。
今でも乗馬クラブに入りたくてしようがないし、自分で馬が飼いたくてしょうがない。
……馬は……いいよね………………ほぅ(吐息)
 
 
そういやうちの田舎で飼ってたポニー(名前:太郎ちゃん)といえば。
ポニーは一般的なお馬様と比べると、首から鞍までの距離が非常に短いため、ちょっとでもポニーが首を降ろして草でも食い始めた暁には、鞍が前傾して前のめりにポイッと放り出されるという、恐ろしい特徴がありまして。
太郎ちゃんが私の言うこときちんと聞いてくれるようになるまで、なんど馬場に顔から突っ込んだことか……(泣)
それでも、ポニーの癖にやたらと足の速い子だったらしく、地元の草競馬で並み居るアラブ馬にまじって決勝戦まで行ったそうな(笑)
ま、乗っていたのが体重軽い女の子だったからこそ、ではあるだろうが。
しかし……今まで一度も馬なんぞ飼ったことなかったうちのジイ様、なんであそこまで完璧な調教が出来たのか、未だに不思議だ……
牛と犬と猫と野鳥を飼ってたのは知ってるんだけどなぁ……どこにも馬の調教と一脈通じるものはないよ……
 
 
 
というわけで、話題が激しくずれましたが。
ヴィゴっちの新作、ちょー見に行きたいわけですよ。
ヴィゴっちだけではなく、馬も楽しみなわけですよ。
 
出来るだけ早くスケジュールの調整つけるから待っててね、サクヒ様(汗)
 
 
 
 
 
 
 
 
余談ですが。
カテゴリに『けもけも』というのを追加。
いわゆる動物ネタの時に発動します。
というわけで、今日の日記はどう考えても映画より馬語りの方が長かったので、こちらに(笑)
 
元々某動物絡み書籍を作っていた経験もあるし、
なにより生まれつきのけもけも好き人間なもので(例外:昆虫類)、
けも語りを始めるとながーくなります。
犬や猫ひとつとっても、種類別とかで語り始めるので注意(笑)
 
 
だからコビータイプの猫はおなかがタルンとなってる子の方がラブリーなんだってば、歩くたんびに床に腹の毛皮が着きそうになるカンジがたまらな(以下略)
| けもけも | 18:07 | comments(3) | trackbacks(0) | あきら |
スポンサーサイト
| - | 18:07 | - | - | スポンサードリンク |
サクヒ様>
日記からここへのリンク、オッケーですよー。
サイトへのリンクも、サクヒ様がおいやでなければ(笑)
非ヲタ仕様のでも、バリバリヲタ仕様のでも、お好きなのにどうぞ。
ただ、非ヲタ仕様のサイトの方は現在塩漬け中ですが(汗)
 
で、私の日記からもサクヒ様の日記にリンク貼っていいっすか?
| あきら | 2004/04/20 6:23 PM |
再びサクヒ様>
指輪サイトって、あっちの方だったんですね(笑)
いいでしょ?前々から大好きだったんですよね、あの方。
今度お会いするとき、あの方のブツをお持ちしますぜ、王子がダークで奥方様が最強なの(笑)
| あきら | 2004/04/20 6:32 PM |
とりあえず日記にリンクはらせていただきます〜。
(らぶらぶ交換日記状態…?/笑)
こんな趣味炸裂妄想だだもれ日記でよろしければ、どうぞご遠慮なくリンクはってやってください。

私も先日お約束したブツ、色々まとめておきます。
一部発掘することになるのでそれは後になるかも。
| サクヒ | 2004/04/22 12:21 PM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://atrio.jugem.cc/trackback/17
<< また私信ー | main | 神の愛する者 >>