<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
近況
思わずWICKEDのブログパーツを貼り付けてしまいました。開演が楽しみです。
最近SPAMなTBが多いもので、幾つかのIPをはじいております。もしもTB打てない場合はコメント欄などでご一報下さいませ。
NEW ENTRIES
備忘録















※オリジナルキャスト

ARCHIVES
洋書探し
LINK
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
今日買った本
『女王の百年密室 〜GOD SAVE THE QUEEN〜』 森博嗣(新潮文庫)
 
 
 
いやー、久々に本のジャケ買いしました(笑)
森作品の中では一番好きだな。世界観がいいな。
あと、私がVシリーズ苦手だった理由が、この作品読んで判明した。
登場人物の名前の字面だ(笑)
どんな不可思議な名前でも、ああいう世界観の中でカタカナ表記されてるなら気にならないよ。
 
 
以下暴言的ネタバレなんで、これから読む、というかたは見ないが吉。
 
 
いっときますが、私森てんてー嫌いじゃないですよ?
っていうか嫌いだったらいくらジャケ買いとはいえ、お金出して新刊書店で買ってきませんって。
えーと。
 
脳味噌スポンジ構造な私でさえも、京極てんてーの憑き物落としシリーズを故獲鳥〜陰母羅鬼まで読んでいたおかげで、ジジィが出てきたあたりで大オチが読め、女王の夢でトリックが読めた、という素敵な単純構造です。
でもそういうのが好きなのよ私、ホント大好き。
 
要するに私は間違いまくったミステリー好き、というかミステリー好きなのか?私?
嫌いじゃないかもしれないが、得意でもないかもしれない……
 
 
この作品の舞台となる街を、一つの世界として文章的に緻密に構築しようという意気込みが微塵も感じられないあたり、このひとは本当に理系なんだなぁと思うよ。
ソフトが問題なく動くだけの能力があれば、ハードのガワなんぞどうでも良いのですね、たぶん。
もちろんハードの見た目のイメージとかがソフト的な部分を手助けするようなことがあるのであれば、きっとハードの外装にもこだわるのだろうけど。
でも本当に必要な物・事以外は全く飾り立てない潔さ。
いっそ中で動いてるソフトだって、つきつめればプログラムでしかないんだから、とばかりに人物までも記号化するこの徹底っぷりが、この人の作品の好き嫌いを二分するファクターなのではなかろうかと思われます、はい。
 
でもこの作品では、そういう部分がものすごく上手くいかされていたかな、と思う。うん。
| 読む | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | あきら |
スポンサーサイト
| - | 01:06 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://atrio.jugem.cc/trackback/21
<< だっからさ!!! | main | また見ちゃった。 >>