<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
近況
思わずWICKEDのブログパーツを貼り付けてしまいました。開演が楽しみです。
最近SPAMなTBが多いもので、幾つかのIPをはじいております。もしもTB打てない場合はコメント欄などでご一報下さいませ。
NEW ENTRIES
備忘録















※オリジナルキャスト

ARCHIVES
洋書探し
LINK
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
うわーん
土曜日にやってた『ビッグリバー』の特集番組ビデオに撮ったのに、ダンナのゲームに邪魔されてまだ見られないよー(泣)
 
そういえば、この間の情熱大陸で、このミュージカルのプロデューサーの女性のことやってましたね。正直、ちょっとキツそうな方だなと思ったりしたのですが、あれぐらいの強さがなくっちゃ、あの世界では通用しないんでしょうね。ワールドスタンダードな感性までの道のりは、長く厳しいなぁ。
 
誰かが雑誌で言ってたんですが、日本人がブロードウェイに進出するのって、俳優としてよりも裏方としての方が合っているんじゃないか、という話があって。
俳優として成功することに固執して失敗を繰り返すよりも、プロデューサーなり舞台美術なりという、裏から舞台を支える仕事で成功するんだっていいじゃないか、というお話。表舞台で成功することも、舞台裏で成功することも、成功するという成果としては一緒じゃないかということです。
ブルーマングループのプロデューサーの出口さんとか、衣装デザイナーのワダエミさんとか、舞台美術の妹尾河童さんとか、作曲家の坂本教授とか。
俳優というポジション以外で、世界的な成功を収めている日本人はいっぱいいるわけで。演出家としては野田さんだって浅利さんだって蜷川さんだって、それなりに海外でも知られている人なわけで。
もちろん、人それぞれの才能の方向性があるから、一概にいえることではありませんし、なにも俳優としての成果を上げたい人を、無理矢理裏方に回そうっていう話でもありません。
 
私が言いたいのは、評価する側のスタンスとか、思考回路のことです。
このあいだの渡辺謙さんのオスカーノミネートみたいに、表舞台で大々的に活躍する人だけを取り上げるのではなくて、もっともっと広い視野で見て見ようよ、そうすれば、もっともっとたくさんの日本人が、海外の第一線で活躍しているということがわかるんだよ、と、そういう話。
せまっくるしい、たったひとつの分野じゃなくて。
もっともっと大きな捉え方をしてみようよ。
そういうことを言いたいわけなんでした。
 
……あー、書いてるうちに、自分でもわけわからんようになってしまった。
ダメだ、脳味噌が死にかかってる……ミュージカルを補給しなくっちゃ。
 
 
 
 
 
 
そういえば、ビッグリバーの日本語版って、真田浩之さんが主演だったんですよね。
見てみたかったなぁ。
ちなみに、私はあの人のハムレットがとっても好きです。かっこいい。
あ、しまった。今更ながら、こないだ教育テレビでやってた野村万斎のマクベス、録画しそこねてたんだった……くっそう(泣)
見てた方いたら、是非感想教えてくださいませ。
| ミュージカル | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | あきら |
スポンサーサイト
| - | 00:28 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://atrio.jugem.cc/trackback/64
<< 難しいですね | main | 前言を翻したように >>